呼吸器領域の検査について

MEDICAL INSPECTION

  • 呼吸器領域の検査について

  • 当院呼吸器内科絵実施している検査内容は次のようなものがあります。

  • 胸部レントゲンの写真

    胸部レントゲン写真

    病変の場所や広がりを確認するた めに撮影します。また治療後の変 化を把握する際にも行います。

  • 胸部CT検査(単純・造影)

    胸部CT検査(単純・造影)

    胸郭内(肺や縦隔)の病変をさら に詳しく把握し診断するために行 います。造影剤の注射後に撮影す ることもあります。肺血栓塞栓症 の診断にも必須の検査です。

  • 胸部MRI検査

    胸部MRI検査

    血管と病変部の関係や縦隔腫瘍の 性状や浸潤の程度を判定するため に行います。造影剤の注射後に撮 影することもあります。

  • FGD-PET検査(ペット検査)

    FGD-PET検査(ペット検査)

    射性薬剤を注射後に全身を特殊な 装置で撮影します。良性・悪性の 区別や肺癌の広がり、転移の有無、 再発の状態をチェックする目的で 行います。

  • 肺換気血流シンチグラフィー

    肺換気血流シンチグラフィー
    ガリウムシンチグラフィー

    放射性薬剤を吸入または注射し、 体外へ放出される放射線を特殊な 装置で撮影し画像化します。肺内 の血流や換気の状態、炎症状態な どを評価します。

  • 肺機能検査

    肺機能検査

    スパイロメトリーという装置を用 いて肺活量や一秒量などを測定し、 診断や呼吸状態(肺年齢)の評価 を行います。また、治療効果の判 定においても重要な検査となりま す。呼気中の一酸化窒素測定(N O)は喘息の診断、一酸化炭素( CO)は禁煙効果の指標として役 立ちます。

  • パルスオキシメントリー検査

    パルスオキシメトリー検査

    血液中の酸素飽和度を測定し呼吸 状態の評価を行います。通常は指 先に装着し測定します。

  • 動脈血流ガス分析

    動脈血液ガス分析

    動脈から直接採血し血液中の酸素 分圧や二酸化炭素分圧を測定しま す。通常は手首の橈骨動脈や腕の 上腕動脈、鼠径部の大腿動脈から 採血します。正確な呼吸状態の評 価に重要です。

  • 6分間歩行試験

    6分間歩行試験

    30mの平坦なコースを出来るだけ 早く歩いて往復し、6分間の合計 の歩行距離を測定します。同時に 血液中の酸素飽和度や脈波数、息 切れの程度を評価し、呼吸状態を 把握します。

  • 睡眠ポリグラフィー検査

    睡眠ポリグラフィー検査

    睡眠中の呼吸状態を調べる検査で す。鼻孔や喉仏、頭部、胸腹部な ど体の様々な部位にセンサーを装 着し睡眠状態と睡眠中の身体機能 を検査します。

  • 喀痰微生物検査

    喀痰微生物検査

    喀痰中の微生物(一般細菌や抗酸 菌など)を確認し肺炎などの呼吸 器感染症の病原菌の同定を行い、 治療に役立てます。

  • 喀痰細胞診

    喀痰細胞診

    喀痰中に異常な細胞(がん細胞や 好酸球など)が出現していないか を顕微鏡で確認し診断に役立てま す。肺真菌症(カビ)の診断にも 重要な検査です。

  • 気管支鏡検査

    気管支鏡検査

    口や鼻腔から気管支に直径5-6mm の内視鏡を挿入し気管支内を直接 観察します。また、肺や気管支か ら組織や細胞、分泌物を採取しま す。リンパ節の検査では、エコー 装置を内蔵した特殊な気管支鏡で 検査を行います。

  • CTガイド下肺生検

    CTガイド下肺生検

    胸部CTで病変の正確な部位を撮 影しながら局所麻酔した皮膚から 肺内の病変に検査針を刺して組織 を採取します。画像診断科と協力 して検査を行います。

  • 外科的肺生検

    外科的肺生検

    胸部CT検査や気管支鏡検査で診 断がつかない呼吸器疾患に対して、 呼吸器外科に依頼して全身麻酔下 に胸腔鏡を用いて肺組織を一部切 除し検査します。

  • 胸腔試験穿刺

    胸腔試験穿刺

    貯留した胸水の原因検索のために 行う検査です。局所麻酔した皮膚 から胸水の貯留した胸腔へ注射針 をすすめ、胸水を一部採取し生化 学検査、微生物検査、細胞診検査 へ提出します。

  • 遺伝子検査

    遺伝子検査

    肺癌の診断・治療法選択において 重要となるEGF受容体遺伝子変異 やEML4-ALK融合遺伝子などの 遺伝子異常を調べます。また、結 核などの抗酸菌感染症の診断にお いても菌の迅速同定のため遺伝子 検査を行います。

入局をご希望される方へ
Copyright© 2019 熊本大学大学院生命科学研究部 呼吸器内科学分野 All rights reserved.