研修内容・スケジュール
  • プログラム
  • プログラムの概略

     呼吸器内科では、2年間の初期臨床研修では十分に修得できなかった内科医 としての知識・診療技術を充実させて基盤創りを行い、専門分野である呼吸器 内科としての知識・診療技術を習得することを目標に専門修練プログラムを 作成しました。 専門修練プログラムの概略は、3年次は大学附属病院で研修し、4年次から 7年次は多彩な選択肢を設け、大学附属病院あるいは関連施設である研修病院 で呼吸器内科としての研修、大学院進学、国内留学ができるように設計して います。研修プログラムの特徴は、呼吸器専門医・研究者の養成のために多岐 にわたる呼吸器診療に必要な経験や知識を身につけられるように、そして各人 の必要に合わせて多彩な選択肢を設けています。

  • 研修期間
  • 1.研修期間について

     日本内科学会認定内科医取得のため、3年次は大学附属病院(呼 吸器内科)で研修します。最短で4年次に認定内科医試験を受験し、 日本内科学会認定内科医が取得できます。4年次から7年次は大学 附属病院(呼吸器内科)、関連施設である研修病院で研修を受けます。 国内の医療機関(国立がん研究センター、国立国際医療研究センター 等)への留学も可能です。5年次からは、各人の希望により大学院進 学、その後、海外留学も可能です。さらに7年次に日本呼吸器学会専 門医を受験し資格を取得することを目指します。

  • 【3年目~7年目以降の進路プラン】

    (代表例であり、詳細は個人の状況により変化します)

  • 進路プラン
  • 呼吸器内科学
  • 2.呼吸器内科の週間スケジュールについて

     月曜日のモーニングカンファレンスでは、日常診療で重要な疾患をpick upし、指導医とともに学会発表形式で発表し、診断の根拠や最新の医療 情報を提供するとともに、discussionの方法について学びます。 また、指導医によるレクチャーも行われ、呼吸器内科医にとって必要 な一般内科疾患、医療技術について、最新の情報を勉強する時間として も活用しています。火曜日の呼吸器カンファレンスでは、新規入院患者の症例呈示を介し て問題点を明らかにし、診断のための検査計画の立案や治療方針の決定を行います。

  • 【週間スケジュール表】

  • スケジュール
  • 呼吸器カンファレンス

    英文抄読会

    臨床実験レクチャー

    教授回診

    胸腔ドレナージ

    PSTミーティング

    研修医対象の臨床実験セミナー

  • 学会への参加
  • 3.学会への参加について

    国内外の学会に積極的に参加し、貴重な症例の症例報告から臨床研究・ 基礎研究の成果を発表し各自研鑽を積んでいる。海外の国際学会にも若 手医師を中心に勇猛果敢に参加し、研究成果を発表している。

  • 国内学会 日本呼吸器学会、日本内科学会、日本呼吸器内視鏡学会、
    日本アレルギー学会、日本肺癌学会、日本臨床腫瘍学会、
    日本感染症学会、日本結核病学会、日本科学治療法学会、
    日本呼吸治療法学会、日本集中治療学会、日本緩和医療学会、など
    国際学会 American thoracic Society(ATS)
    European Respiratory Society(ERS)
    Americna College of Chest Physicians(ACCP)
    Asian Pacific Society of Respirology(APSR)
    American Society of Clinical Oncology(ASCO)
    International Association for the Study of Lung Cancer(IASLC)
    Interscience Conference of Antimicrobial Agents Chemotherapy(ICCAC)
  • スキルアップ
  • 4.さらなるskill upのために

     若手医師のさらなる飛躍を期待し、全国の病院や研究施設と連携して1
    ~4年間程度の教育や研究の機会を与え人事交流を行っている。
    これまでの国内・海外留学先を以下に示す。

    (留学体験記もご覧下さい。)

  • 国内留学 国立がん研究センター、国立国際医療研究センター、
    信州大学高度救急救命センター、静岡がんセンター、
    慶應義塾大学大学院、長崎大学大学院、筑波大学大学院など
    国外留学 UCSF、UC daivis、MD Andreson Cancer Center、NIH・NCI、
    Harvard Medical School・MGH、Johns hopkins University、
    Boston University Pulmonary Center、
    karolinska University、Heidelberg Universityなど
Copyright© 2018 熊本大学大学院生命科学研究部 呼吸器内科学分野 All rights reserved.