診療科の特徴

呼吸器内科では、咳、痰、息切れ、喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼー)、血痰、胸痛、発熱、居眠り、いびきなど の呼吸器症状のある方、健康診断や人間ドックの胸部レントゲン写真やCT検査で異常を指摘された方の精密検査 を対象に、各々の専門領域の医師が診療に当たります。 対象としている疾患は、気管支喘息・アレルギー疾患、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、肺腫瘍 (原発性肺癌、転移性肺癌、肺良性腫瘍)、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫、間質性肺疾患(間質性肺炎、肺線維症、 じん肺、過敏性肺炎、サルコイドーシス)、膠原病関連肺疾患、呼吸器感染症(気管支炎、肺炎、誤嚥性肺炎、 肺化膿症、結核などの抗酸菌感染症、肺真菌症)、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、胸膜疾患(気胸、 胸水、膿胸)、肺循環障害(肺高血圧症、肺血栓塞栓症)、睡眠時無呼吸症候群、急性・慢性呼吸不全など多岐 にわたります。 診断・治療につきましては、科学的根拠に基づいた最新の医療をご提供するとともに、患者様に対して十分な 説明を行い患者様のご意見を最大限に尊重しながら医療を行っております。また、医師、看護師、薬剤師、理学 療法師が常に連携を取りながら診療にあたっております。

  • 気管支喘息

     発作性の咳や喘鳴、息切れが主な症状です。肺機能検査やピークフローモニタリング、喀痰検査などから気道 の炎症状態を評価し個々の患者に応じた治療を行っています。気管支拡張剤やステロイド剤などの治療薬の吸入 手技やピークフロー測定などの指導を通じて患者教育、指導に力を入れています。また、新薬の臨床試験(治験) に参加し、新薬開発に取り組んでいます。

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

     慢性の咳・痰や息切れが徐々に進行する病気で、ほとんどの場合、喫煙が原因です。スパイロメーターを用い た肺機能検査で呼吸状態と病気の重症度を評価します。喫煙者の場合には禁煙指導を行い、次に重症度に応じて 気管支拡張剤吸入などの薬物治療を行います。慢性呼吸不全があり息切れの強いかたには、呼吸リハビリや在宅 酸素療法を行います。

  • 肺癌、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫

     症状として咳や血痰がありますが、無症状のことも多く早期発見が難しい病気です。診断後に手術可能と判断 した場合には、呼吸器外科にて外科治療を行います。また、手術不能の場合には、放射線治療や最新の抗癌化学 療法を実施し、特に肺癌では遺伝子検査の結果に基づいた個別化治療も行っています。全身状態の安定している かたは、外来通院をしながら当院の外来化学療法室で治療を継続します。また、西日本がん研究機構や九州肺癌 研究機構の研究グループとして新規開発の抗癌剤などの臨床試験を行っています。また、がん性疼痛などに対す る緩和医療にも積極的に取り組み、地元のかかりつけ医や訪問看護施設と連携して診療にあたります。

  • 間質性肺炎、肺線維症、膠原病肺、サルコイドーシス、過敏性肺炎

     主な症状は、進行性の息切れや持続する咳であり病歴や身体所見の確認や胸部CT検査により肺病変の詳細な解 析を行います。診断確定のため、通常は気管支鏡検査を行いますが、それでも診断が困難な場合には、呼吸器外 科の協力のもと外科的肺生検を行います。進行性の場合には、ステロイド剤、免疫抑制剤、線維化抑制剤を中心 とした治療法を導入し呼吸機能の改善や安定化を目指します。

  • 肺炎、気管支炎、気管支拡張症、抗酸菌感染症、胸膜炎

     発熱、咳、痰、胸痛、息切れなど様々な症状が出現します。胸部レントゲン写真や胸部CT検査により病変の広 がりや局在を評価し、血液や喀痰検査などから感染症の原因同定を行います。細菌検査室と連携することで原因 に応じた適切な抗菌剤選択により治療を行います。また、高齢者の誤嚥性肺炎については、嚥下機能の評価や原 因菌の同定に力をいれております。

  • 睡眠時無呼吸症候群

     昼間の眠気や集中力欠如、いびきが主な症状ですが、夜間頻尿や起床時の頭痛を伴うこともあります。無治療 で長期間放置しますと高血圧症や不整脈などの心疾患や脳卒中の原因にもなります。診断には、短期入院による 睡眠ポリグラフィー検査が必要です。当院では治療としてCPAP療法を積極的に導入しています。

  • ニコチン依存症(禁煙外来)

     習慣性の喫煙は、ニコチン依存症という立派な病気です。また喫煙は、肺癌やCOPD、心筋梗塞、脳卒中など 様々な病気の危険因子となります。当院では、保険診療として禁煙治療を行っており、パッチ剤や内服薬による 3ヶ月間の禁煙プログラム(外来通院は合計5回)で禁煙成功を目指します。

  • 急性呼吸不全

     肺炎や敗血症、外傷、誤嚥など様々な原因により肺障害がおこり呼吸機能が急速に悪化する状態です。原因に 対する治療と平行して適切な呼吸管理が必要になります。呼吸管理として、酸素投与や人工呼吸管理を行います。 重症の場合には、集中治療部(ICU)と連携して治療にあたります。

  • 慢性呼吸不全

     慢性閉塞性肺疾患、結核後遺症、肺線維症などで徐々に息切れが進行する状態です。喫煙が原因の場合には禁 煙指導を行い、さらに病気に応じた治療を行います。自宅で酸素吸入を行う在宅酸素療法や呼吸リハビリで症状 の緩和に努めます。

入局をご希望される方へ
Copyright© 2018 熊本大学大学院生命科学研究部 呼吸器内科学分野 All rights reserved.