熊本大学大学院生命科学研究部 呼吸器内科学分野

熊本大学医学部付属病院 呼吸器内科学分野

医学生・研修医の皆様へ

 平成29年度を迎え、皆様、お元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
 私たちの教室は、呼吸器内科の診療と研究に従事しながら、学生、研修医、専門修練医の育成にも多くの努力と工夫を重ねてきました。熊本県では、ほとんどの中核病院に専門医を派遣し、診療連携、研究連携、教育連携をするとともに、熊本県の呼吸器内科の診療の向上のために努力を続けています。また、国内留学、海外留学も推奨し実践しています。
 呼吸器内科は、肺癌、喘息、COPD、肺感染症、間質性肺炎、過敏性肺炎、薬剤性肺炎、膠原病にともなう肺疾患、心疾患にともなう肺疾患、等、多彩な病態を理解して診療する分野であり、総合内科的な分野と呼吸器専門の分野の両分野をマスターする到達感も有り、また、専門分野を深くマスターできる喜びもあります。さらに、呼吸器疾患は、身体診察、画像解析、一般検査にて重要な疾患を診断・治療ができることから、聴診器があれば、大都市でも地域社会のどこにおいても一流の診療ができます。
 高齢化社会を迎え、総合内科の能力を持ち、かつ、高齢者に若者にも多い疾患を診療できる分野の呼吸器内科を選択することは、医師が経験を重ねるに従って診療能力が向上するとともに、いつまでも診療の第一線でリーダーとして活躍できることが約束されます。
 呼吸器内科は、研究の面でも、がん、免疫・アレルギー、感染症、膠原病、遺伝子等、解決されていない分野が多く、若手の研究の活躍が期待される分野です。
 このように呼吸器内科は、幅広く大きく飛翔できる分野であり、社会に大きな貢献のできる分野ですので、是非、一緒に診療・研究・教育をしようではありませんか!!

熊本大学医学部附属病院呼吸器内科
教授 興梠博次

 当科には熊本大学のみならず全国の各大学医学部を卒業した医師、また、全国の様々な施設で研修を受けた医師が所属し、診療、研究、教育にあたっています。若手、ベテラン分け隔てなく、厳しく楽しく学び、互いを高め、地域・世界に貢献できる呼吸器内科医を目指しています。より多くの研修医の先生たちが、私たちの仲間に加わり、私たちと一緒に臨床に、研究に励んでくれることを願っています。
 質問や相談がありましたら、教授、医局長(一安)、あるいは、医局員、関連病院の先生に遠慮無くご連絡ください。なお、結婚、子育てなど家庭状況に見合った勤務体系にも配慮しております。

熊本大学医学部附属病院呼吸器内科
医局長 一安秀範

pagetop